外装のリフォームを格安で!外観を安い費用でリフレッシュできる!

外装のリフォーム

 

外装、外観をきれいにリフォームしたいという方も多いと思います。
外装のリフォームと言えば、外壁や屋根の塗装の塗り替え、外壁材の交換のどちらかが一般的ですね。

 

費用的には、塗装の塗り替えで100万円前後、外壁材の交換で200〜300万円というところです。
建物の大きさや使用する材料で変わってはきますが、これくらいが相場のようです。

 

どちらの工事も、足場の設置などそれなりに大掛かりなリフォームになるので、費用はどうしてもかさみます。
外装をきれいにしたいけど、費用面で悩んでいるという方も多いのではないでしょうか?

 

外装のリフォームはもっと安くなる

「業者で見積もりをしたけど、予想以上に高額で困っている」
特にこんな方におすすめしたいのが、数社の見積もりを取り、比較するということです。

 

外壁の塗装や外壁材の交換といったリフォーム費用は、業者による差が非常に大きく、その差が数十万円という事がよくあるんです。
そのため、しっかり費用を比較することで、より安い業者を探すことができ、結果格安でリフォームする事も可能です。

 

実際、当初の金額の半額程度で外装のリフォームができたという方も多いんです。
知り合いにも90万円も費用を抑える事ができた方がいて、200万円近かったリフォームが数十万円でできたと喜んでいました。

 

 

一括見積もりサイトなら簡単便利

数社の見積もりをとって比較というと、正直かなり面倒です。
そこで便利なのが、一括見積もりサービスです。

 

外壁の塗り替えや外壁材の交換など、一度に複数の業者へ見積もり依頼できるサービスで、無料で利用できます。
簡単な内容の入力で複数の費用をチェックできるので、安い業者や相場が確実に分かり、おすすめです。

 

電話が苦手な方は、事前に安い業者を絞って比較する事もできるので安心です。
これから外装のリフォームをお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

 

 


おすすめ外壁の塗り替え比較サイト

リショップナビの特徴
リショップナビは、費用が大幅に安くなったという口コミの多い人気のサイトです。
見積もり自体は非常に簡単で、スマホからでも気軽に申し込めます。

見積り依頼するとサイトの担当者より連絡が来るので、より安い業者のみを紹介してもらう事も可能です。
登録している塗装業者は優良業者のみなので、安心して依頼できますよ。

できるだけ安い業者をお探しの方にはおすすめです。
価格 無料
評価 評価5
備考 簡単30秒見積もり

ヌリカエの特徴
ヌリカエは、利用者の最も多い人気の塗装費用見積もりサイトです。
簡単な内容の入力でいいので、あっという間に申し込みできます。

ヌリカエ最大の特徴は、相場がすぐに分かるという点です。
相場がどれくらいか不安な方は、まずチェックしてみてください。

外壁塗装について相談できますし、費用の安い塗装業者を探してもらう事もできるので、初めての方にはおすすめです。
価格 無料
評価 評価5
備考 その場で相場が分かる

外壁塗装セレクトナビの特徴
外壁塗装セレクトナビは、全国600社以上の塗装会社が登録している老舗見積もり比較サイトです。
厳正な審査をパスした業者のみで、利用者の満足度が98%と安心して利用できるのが特徴です。

このサイト最大の特徴は、何といっても最大10万円のお祝い金です。
他にそういうサービスはないので、これを目当ての方も多いようです。

とにかくたくさんの業者の費用を比較したい方におすすめです。
価格 無料
評価 評価5
備考 成約お祝い金最大10万円がもらえる

 

おすすめ外壁材リフォーム比較サイト

リショップナビの特徴
外壁の塗装比較サイトと同じ名前ですが、こちらはリフォームの見積もり比較ができるサイトです。
この手のサイトでは老舗のサイトで、利用者に信頼されているサイトの一つです。

見積もりは最低限の入力のみで、30秒もあれば終わる手軽さです。
最大で5社紹介してもらえるので、しっかり比較検討ができます。

かなり安くでできたという方が多く、より安い業者を確実に探せます
価格 無料
評価 評価5
備考 提携業者1500社以上

タウンライフリフォームの特徴
タウンライフリフォームは、費用の比較のみだけではなく、その内容も気軽に比較できる便利なサイトです。
利用者の満足度も高く、かなりわかりやすいサイトです。

費用が安いのはもちろんだけど、工事内容もしっかりした会社をお探しの方にはおすすめです。
プランを自宅に郵送してもらい比較できるので、便利です。

リフォームに関する冊子をもらえるので、それだけでも見積もりする価値があります。
価格 無料
評価 評価5
備考 簡単に数社のリフォームプランを比較可能

リフォーム比較プロの特徴
リフォーム比較プロは、全校500社以上の優良業者が登録するサイトです。
3〜4社の見積もりを簡単に比較できるので、より安い業者を探すことができます。

あらゆる内容のリフォームの見積もりをしてもらえるので、どこの業者に依頼していいか迷っている方におすすめです。
初めてのリフォームでも、比較することで費用や内容をしっかり確認できるので、安心です。
価格 無料
評価 評価5
備考 1分でできる簡単見積もり

外装のリフォームの相場

 

外装のリフォームをする際、一番気になるのが費用だと思います。
では、一体どの程度の金額が相場なんでしょうか?

 

外壁の塗り替え、外装材の交換、それぞれの相場を簡単に表にしてみました。

 

外壁の塗り替え相場
塗料の種類 1u当りの単価 総額(約30坪の場合)
アクリル塗料 1000〜2000円 60〜80万円
ウレタン塗料 1500〜2500円 60〜90万円
シリコン塗料 2000〜3500円 80〜120万円
ラジカル塗料 2500〜4000円 80〜150万円
フッ素塗料 3000〜5000円 90〜180万円

 

あくまでだいたいの相場ではありますが、大抵の塗装屋さんはこのくらいの見積額になると思います。
足場の費用や細かい部分の内容によって、これより安い場合も高い場合もあるようです。

 

やはり一番注意したいのが、同じ種類の塗料でもランクがあるという点です。
「シリコン塗料だから大丈夫」とは思わず、他社の見積もりと比較してランクの落ちる塗料ではないか確認してください。

 

 

外壁材交換の相場
種類 1u当りの単価 総額(約30坪の場合)
窯業系サイディング 4000円〜 150〜280万円
金属系サイディング 4000円〜 150〜280万円
木製サイディング 6000円〜 200〜350万円
樹脂製サイディング 8000円〜 300〜480万円

 

外壁材も、メーカーによって様々な商品があり、その種類も本当に様々です。
毎年新しい商品が出ますし、そのタイミングによっては、旧商品が安くで利用できる場合もあります。

 

また、交換ではなく上張りという方法もあり、その場合は費用を抑えることが可能になります。
こちらもいろんな工法があるので、いろんなリフォーム会社に相談してみると良いと思います。

 

注意が必要なのは、あまり経験のない業者です。
交換自体は普通にできても、シーリングや端部の処理が適当で、雨漏りなどのトラブルをよく耳にします。

 

安いからと安易に考えず、できれば直近の仕事を見るなどしっかり確認されてください。


外壁材の種類

 

外壁材には様々な種類があります。
外観や耐久性など、それぞれに特徴があり、もちろん値段も違います。

 

主に個人住宅の壁に使われる壁材を簡単に解説しているので、参考にしてください。

 

 

窒業系サイディング

新築木造住宅の7割以上が使用している外壁材で、一般的なほとんどの家はこちらになると思います。
材料はセメントに繊維などを混ぜて板状に成型し、よく見るタイル調や石積み調に加工しています。

 

窒業系サイディング最大の特徴はその種類で、各メーカーから実に様々な商品が販売されており、理想の外壁を実現できます。
コストパフォーマンスも良く、耐久性も良いため、全国の方が好んで利用されています。

 

 

金属サイディング

窒業系サイディングは重く厚みがあるのですが、金属サイディングは軽量で建物にかかる負担が少なく、外装リフォームの重ね張りで採用されるケースが多いです。
傷がつきやすいのが難点ですが、コストを抑えられるため最近は使用される方も多いようです。

 

材質はスチール、アルミが主で、ガルバニウム鋼板が安価で屋根材にも用いられることが多いです。

 

 

ALC

ALCはCMでもおなじみの旭化成の外壁材になります。ヘーベルハウスと言ったほうがわかりやすいでしょうか?
高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリートで、断熱性・耐衝撃性に非常に優れています。

 

ALCの難点は高価なことで、窒業系サイディングの倍近い費用がかかる場合もあります。

 

 

上記以外にもセメント壁や羽目板など特殊な工法もありますが、コスパと耐久性を考えると、上記の3種類が一般的です。

 

ただしどの外壁材の場合でも、ある程度の期間が経過すると、塗料による塗り替えが必要です。
その期間はだいたい10〜15年程度が目安で、その期間内に塗り替えをすることが理想です。

 

外壁材の交換は、その時代その時代で新しい技術で作られているため、外観はもちろん家の耐久性も上がる効果の高いリフォームになります。
コストが高いのが難点ではありますが、新築のような外観は魅力的ですよね。

 

塗装の塗り替えにするのか外壁材を交換、または上張りをするのか、現状によって判断されるのが好ましいと思います。
まずは専門家に診断してもらい、より適切な方法を選ばれてください。


page top